看護師が転職する理由について


看護師が転職する理由について、説明します。

看護師が転職する主な理由としては、6つ挙げられます。

1つ目は、待遇面での不満、です。

特に、仕事の出来る看護師の場合、相応の給料を貰えていない、と考える人が多いようです。

2つ目は、配属先の不満、です。

例えば、内科を希望していた人が、救急などに配属されたため、不満を感じる場合です。

3つ目は、夜勤などへの不満、です。

夜勤が多い、勤務時間が長い、と言ったことへの不満です。

4つ目は、精神的負担が大きいこと、です。

経験年数が上がって、師長や主任などに昇格した場合、仕事上の責任が重くなり、精神的負担も大きくなります。

あるいは、重症患者の担当になった場合も、精神的負担が増します。

このような精神的負担から転職を考える、と言う人も少なくないでしょう。

5つ目は、患者の死、です。

患者の死に何度も立ち会う事に疲れたため、転職したい、と言う人も多いようです。

6つ目は、医師への不満、です。

医師が短気だったり、すぐに怒鳴ったりするような場合は、やはり、転職したくなるでしょう。


関連記事


看護師の仕事内容について

看護師の仕事内容について、説明します。 近年、医療の高度化や複雑化に伴って、看護師の仕事内容も、高度で複雑なものになっています。 幅広い知識だけでなく、先端...


AX